永代供養墓・樹木葬などさまざまなタイプの霊園への対応が可能

 従来のお墓は、利用者が墓所の永代使用権を購入し、そこに自分で墓石を建てる、というのが一般的でした。
 しかし近年では、特に都心部での墓地の不足やそれによる墓地価格の高騰、利用者の節約志向、核家族化・少子化によるお墓の継承者不足、宗教意識の希薄化など、ざまざまな要因により、比較的リーズナブルな価格でいろいろなタイプのお墓が登場しています。

 一定期間個別埋葬した後、合祀し霊園・寺院が供養を行う「永代供養墓」、敷地に墓石でなく樹木を立て遺骨を直に埋葬する「樹木葬」なども、一般にかなり知られるようになってきました。
 霊園墓地管理システムReisys(レイシス)では、以下のようなタイプの霊園へ対応が可能です。

一般的な墓石を建てるタイプ


墓所に永代使用権を設定したあと、利用者が墓石を建てるタイプ。
墓石の状況管理(更地・外柵あり・墓石あり、など)を行うことができます。



埋葬当初から合葬するタイプ(永代供養墓)


合葬用の共同遺骨埋蔵施設を建立し、埋葬者を募集するタイプ。いわゆる「永代供養墓」を呼ばれるタイプの墓地の一つ。
契約者および埋葬者の情報を管理します。墓石がなく、また定期的な管理料も発生しないケースが多く、比較的安価でカスタマイズ対応が可能です。



最初個別に埋葬し、一定期間後合葬するタイプ(永代供養墓)


契約時から(もしくは埋葬時から)一定期間は個別の墓所や納骨庫で出骨可能な状態で埋葬し、一定期間経過後に合葬墓に改葬するタイプ。
個別のお墓と永代供養墓、二つのメリットをいいところ取りしたタイプのお墓。最近増えているタイプです。
最初の個別の埋葬状態については、一般墓所(墓所+墓石)、樹木葬タイプ(取り出し可能な個別の納骨庫を埋葬するタイプ)、壁面墓地タイプなど、いろいろなタイプで対応が可能です。